--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
03.19

龍野菜のプレイング的な何か

Category: DM
どんだけ龍野菜 野菜の記事書いてるんだよ と記事を見返しならが思ったぴーまんです。
好きなんだもん いいでしょう・・・

たくさんの人に見ていただくものなので、そろそろ記事の書き方なども工夫していかないとなぁ・・・

それでは環境にいるデッキに対してのプレイング。いってみよう!

http://dmvault.ath.cx/deck730675.html#deckbbs
ブログのこの記事と、デッキを見ながら、読んでみてください。
疲れると思うので、時間があるときにゆっくりとお願いします。

※かなり長いです。興味のある方のみ、興味のある部分だけでも読んでいただけると嬉しいです。


まずは 対イエス
一番やばいデッキだと思ってるのでまず最初に。

できるだけイエスを付けた状態のクリーチャーで殴らせない。これが基本となります。
つけさせなければ、ただのドロマー超次元ですから。

そこで「じゃあどうやって殴らせないようにするの」か。
答えは簡単。吸い込んだり、スーパーヒーロー ボルシャックホール ミツルギブースト などを使います。

吸い込むナウ ボルシャックホール拷問ロストマインドの的と思いましたかね。

狙いはそこではないんです。
最初に書いた通り、イエスを付けた状態のクリーチャーで殴らせない。これが基本

イエスをつけるためにはマナが必要で、イエスをつけるために使うマナを拷問ロストマインドを使うことによって、払っているためイエスを付けることができなくなっているわけです。

しかもこの龍野菜は呪文の枚数が少ない。
つまりそもそもロストマインドなど大した被害が出ないのです。

ではここで解体ジェニーが出てきたとしましょう。

除去札をピンポイントで抜かれてしまいます。

ここでアップルが光るわけですよ。
除去札Aとアップル があれば、相手は当然除去札Aをハンデスします。
アップルで回収が効くわけですね~。呪文だったらできないですが、それはそれ。

うまいことバイケン、リュウセイを手札に残しておおいて、引かせることも重要です。


イエス側が5マナたまりました。超次元呪文が来ます。
出てくるサイキックはほとんど6000以下 序盤であればディアス<勝利リュウセイ ということでディアスは出ないと思うので、この際除外。

ミツルギブースト、吸い込むナウで軽くあしらいましょう。

ここまでをやりすごせば、少しずつこちらに流れを傾けることができますね。
ミツルギはアップルとのシナジーで使いまわすことで、サイキックは出てきては死ぬ。のを繰り返します。
アップル2枚でぐるぐるも視野に入れておきましょう。

イエス戦では読みあいが重要。
マナの数でどういう動きをしてくるかが、推測できるので相手の構築やマナに置いたカードなどをしっかりと見て考えてプレイすることがとても重要です。


ギフト 次元

非常に相手にすると難しいデッキタイプです。

最速で勝利リュウセイを立てられると苦戦します。
タイガワンパン→ギフトカモンリュウセイ
マナクラ→キルキル とかだと死んでしまいます。

リュウセイをいかにして除去するかが重要。
ジャスミンとアップルをうまく使って、ブーストして吸い込んだり忍でしのがないと勝てないです。

相手の動きが悪かったり、事故。リュウセイをトリガーで吸い込めた場合は比較的楽に立ち回れるかと思います。
ブロッカーなども、この龍野菜にけっこう投入しているので、それらでしのぐことも。


獰猛ブラスター
3コストブースト(主にガチンコルーレット)からホーガンブラスターなどの5コストカードにつなげて、パワーカードを出すデッキ。

このデッキに対しては、ブーストをしてVANを先に出すのが一番確実に優位に立てます。
さらにナンバーナインを添えれば、勝ったも同然。

逆にVANを先に出されると、苦戦を強いられます。

そのためにガロウズホールを採用しておりまして、バウンスしつつ勝利リュウセイでの遅延ができるので大変有効。隙あらばヴォルグでLO狙うのもいいです。

そして相手側もVANで苦戦することを想定しているので、ガンヴィートブラスターそもそも出る前に落とすロストソウルの投入が予想されます。そこでリュウセイ、バイケンなどを手札に持っておきつつ、アップル、アラゴトなどで盤面をそろえていく。

ぼーっとしてると覇飛んでくるので最後まで気を抜けません。



ターボゼニス

色々なタイプがあるので、よく使われるゼニスに対するプレイングを書きます。

ローゼスウェディング
これが一番メジャーですね。

対ローゼスは、ハンデス対策のリュウセイとバイケンのどちらかを握っておき、ハッスルキャッスルを建築しておくのが理想です。
ウェディングにも同じことが言えて、ハッスルキャッスルを建築しておくと、立て直しがしやすいです。
全力で建築していきましょう。

対VAN
ガロウズホールリュウセイでバウンスしつつ対処。
すでに召喚できるような状態である場合は、VANの影響を受けないクリーチャーをアップルで総動員させて殴りこむほかないです。
それぐらいきついカード。
ですが刺さる相手、刺さらない相手といるため1枚しか採用されない場合が多い。
先にVANを立てておくのが最善。

対刃鬼
おとなしくしてるとワンショットキルされてしまいます。
VANを立てることが重要です。
刃鬼で踏み倒すカードでハンター/○○ の○○がコマンド、ドラゴン を持ってる場合が多いので、
VANを出せば止まります。 その間に盤面をそろえるのが理想です。

対シャングリラ
まだ対峙したことがありません。推測ですがいきなり出てきてかきまわされますね。
除去するにも再びやってきてかき回される。そして素通り禁止が地味ながら効いてくるわけですよ。
ガロウズ、ガンヴィートで越えて行けるといいなと思いますね。
またエビセンを出しておけば、シャングリラで選んでくるわけがないので、いいと思います。




ふぅ

さすがに疲れましたね~(汗


大会などで勝ち抜くためには相手のデッキが何かを見極めるのが重要。
そのうえで、こんな野菜入っててよくわからん動きするデッキだと、相手も戸惑うわけです。

ここで情報差が発生してるわけですね。
あとこの龍野菜、どういうデッキか知っていても動きが変則的なので相手としてもやりづらいんじゃないですかね。

僕も一時期そうだったんですが、小学生のよくわからんデッキにぬっころされたりしましたね。
相手のデッキの情報というのがいかに重要なのかは小学生に教わったようなものです。

「このデッキならこういうカードが入っている」
「このデッキの弱点がAだからそれを補うBが入ってる」
「このデッキならCの枚数はnだな」
などこんな感じで考え始めると、対応しやすいですね!

最後にこのデッキをわかりやすく簡潔に解説!

それぞれのドラゴンに役割があり、その役割を全うさせるためにアップルを用いて戦っていく!
以上!

うまく伝わりましたかね・・・伝わっていると信じて寝ます。

ここまで読んでくださった方々、ありがとうございました。

正直この記事って龍野菜興味ない人からしたらどうでもいいものだよなぁ・・・

それでは( ・ー・)ノシノシ
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://og8410.blog10.fc2.com/tb.php/189-f6a5c453
トラックバック
コメント
僕も龍野菜を回していますが、
ここまで練り込んでるとは・・・恐ろしい笑

vaultのデッキを拝見させてもらいましたが
いくつか疑問点があります。
・白が非常に少ない
・緊急再誕が入らない理由
・ハッキャの枚数が足りるか

です。答えていただければ幸いです。
アイギスdot 2013.03.19 18:19 | 編集
> 僕も龍野菜を回していますが、
> ここまで練り込んでるとは・・・恐ろしい笑
>
> vaultのデッキを拝見させてもらいましたが
> いくつか疑問点があります。
> ・白が非常に少ない
> ・緊急再誕が入らない理由
> ・ハッキャの枚数が足りるか
>
> です。答えていただければ幸いです。

コメントありがとうございます。

突っ込んでほしいところをすべて突っ込んでくださいました・・・
・白が非常に少ない
・緊急再誕が入らない理由
好みのカードを入れていった結果、白のカードが抜けていきました。
あとはスパーク系をあまり信用していないんです。スパーク系入れるならホワグリも・・・って思っちゃうんです。
それと緊急再誕はうまく活かせる気がしなかったのと、アップルで回収ができないカードでありハンドキープしないといけない点。
緊急再誕をハンドキープするためにほかのカードをマナにおいてしまっては動きが鈍ってしまうと思ったこともあります。

これらを解消するならば
N→ハッスル
バジュラ→ソルハバキ
ハンゾウ→緊急再誕 
ヴィオラソナタ→ゼロカゲ
といった具合でしょうか。

デッキを見直すとてもいいきっかけとなりました。
改めてコメントありがとうございました。


ぴーまんdot 2013.03.19 19:20 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。